さらに絞り込む

ここにタグライン・キャッチコピーなどを入れてください。

インク特急便リニューアルオープン!お得な商品・掘り出し物  在庫処分激安セール中です!

互換インクについて

詳細はこちら 詳細はこちら
互換インクとは、プリンターメーカー以外の工場で製造をされた、純正インクカートリッジと互換性を持つインクカートリッジの事です。ICチップがついてい る商品は、そのままプリンター本体に装着するだけで使用出来るため、ほとんど純正品と変わらない使い方が可能です。
※一部、ICチップの交換が必要な商品がございます。
互換インクの価格は純正インクカートリッジと比較して50%~90%も安いので、カラーでも気軽にドンドン印刷ができます。
コストパフォーマンスに大変優れた互換インクは、最近利用者が急増中です。
詳細はこちら 詳細はこちら
互換インク 純正インク

詳細はこちら
互換インクと純正品のメリット・デメリットをわかりやすく表にしてみました。
メリット
デメリット
純正品
・メーカー製で安心できる。
・万が一、インクが原因でプリンターが故障した場合、保証期間内であれば保証が受けられる。
・販売価格が高く、コストパフォーマンスが悪い。
互換インク
販売価格が安い!
・メーカーにもよるが、純正品とほとんど変わらない品質と機能を持っている。
・メーカーによって品質・機能に差が出る。
・万が一、インクが原因でプリンターが故障した場合、保証期間内であっても保証が受けられない。

純正インクはプリンターメーカーが開発・製造しているだけあって、高品質で保証もしっかりしており安心感があります。その半面、販売価格が非常に高く、コ ストパフォーマンスが悪いです。プリンター本体を安く拡販して、消耗品であるインクで利益を取るというプリンターメーカーの販売戦略も関係しています。
その点、互換インクの魅力は何と言っても価格の安さです!
例えば、エプソンのLC6CL50の純正品販売価格は5480円であるのに対して、当店のLC6CL50の互換インクは1780円で販売しており、66%もコスト削減が出来るんです!(2013年4月現在)
互換インクの欠点としては、メーカーごとに品質に差が出てくるため、あまりに安い互換インクを使用するのはお勧めできません。価格が安いということは、その分中身のインクやカートリッジの品質が粗悪である可能性が高いということです。
その点、インク特急便のインクはISO9001・ISO14001認定工場で生産され、品質も純正インクとほとんど変わりません。
また、最高のプリンター保証サービスもございますので、万が一インクが原因でプリンターが故障した場合でもプリンター保証が受けられます。
保証規定の詳細はこちらをご確認ください。
詳細はこちら
ICチップとは、一般的には「残量検知機能」と言ってインクカートリッジの中のインク容量を測るもので、もともとは空刷り防止と、インクを使い切った後に 詰め替えた時、プリンター側でインクの残量0と判断し、再利用できない仕組みとしてメーカーが作ったシステムです。また、プリンターに専用のインクを認識 させる役割もあるんです。
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

インクの残量が少なくなるとプリンターが「インクの残量が少ない」という警告を出し始めます。もう残り僅かという状態になると、インク交換を促すアラートダイアログが表示されてプリントを受け付けなくなります。 そういった役割もICチップは持っています。
※メーカーやプリンターによっても表示は異なるので注意!

詳細はこちら
インクの使用期限は、互換・純正に限らずプリンターに取り付け後、約6ヵ月間です。
未開封の状態であれば保管場所とか温度によって約3年くらいなら問題なく使用できます。
インクの品質を保ったまま長期間保存するコツとしては、
①直射日光を避ける
②高温多湿を避ける

この2つがポイントです。
逆に高温多湿の所に置いてると、変色や不具合の原因になるので注意してください。

また、インクセット後に、プリンターを使用せずに長く放置していると、プリンターの中に貯まったインクが乾いてしまって目詰まりを起こす可能性があるので、セット後は使用期限に関わらず、なるべく早く使い切るようにしてください。

詳細はこちら 詳細はこちら
互換インクで本当に純正インクと同じような印刷が出来るかどうかというのはきになるところですね。
今回はそれを解明するため、実際に仕様して印刷結果を比較してみました。
詳細はこちら 詳細はこちら

詳細はこちら

どうですか? どちらが純正インクでどちらが互換インクで印刷したものかわかりますか??
私は全くわかりませんでした。。。(汗)
正解は純正インク「A」、互換インクが「B」です。

当店のインクはISO9001・ISO14001認定の工場で徹底した品質管理のもとに生産されており、純正インクとほとんど変わらない品質だということがおわかりいただけたかと思います。
実際には生産メーカーによってインクの品質は様々なので、あまりにも安価な互換インクの中には、粗悪なものが混じっている可能性が高くなりますのでご注意ください。

当店の互換インクは、安心の1年保証付きです

  • 詳細はこちら
  • 詳細はこちら
  • 詳細はこちら
  • 詳細はこちら